テーマ:脂質・脂肪酸

DHA(ドコサヘキサン酸)はアルツハイマー型認知症にいいの?

DHAは、炭素数が22、不飽和結合が6のn-3系の直鎖の多価不飽和脂肪酸で、EPA(エイコサペンタエン酸)と同様、主に魚に含まれる必須脂肪酸の一つです。 生体内では脳や神経組織、精子などに多く存在し、俗に「動脈硬化、高脂血症、認知症等の予防や改善によい」、「アトピー、アレルギー等によい」、「脳の発達によい」、「がんの発生や転移に効果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EPAの本命は狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患?

EPAは、炭素数が20、不飽和結合が5個のn-3系の直鎖の多価不飽和脂肪酸で、イワシ、マグロ、サバ、カツオ、サンマなどの青味魚の脂肪に含まれる必須脂肪酸の一つです。 魚やアザラシを常食するアラスカのイヌイットでは、脂肪摂取量が多いにもかかわらず血栓症や心疾患が非常に少ないことから注目された栄養素です。 俗に「動脈硬化、脂質異…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N-3系不飽和脂肪酸(α?リノレン酸系)は体にいいの?

不飽和脂肪酸 n-3系列脂肪酸 (α-リノレン酸系) の主な作用 1.血栓予防効果 2.末梢の血流促進 3.脂質代謝改善 4.脳神経系に必要 n-3系列脂肪酸とはα-リノレン酸 、EPA(エイコサペンタエン酸) 、DHA(ドコサヘキサエン酸)などのことで しそ油 、青魚(イワシ・サンマ・サバ)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抗酸化作用(老化の予防) を有する脂質・脂肪酸

油脂は含まれる「脂肪酸」の種類とその数で次のように分類されます。 分類: 飽和脂肪酸 特徴:エネルギー源(とり過ぎは中性脂肪、LDLの増加) 主な脂肪酸:パルミチン酸、ステアリン酸、ミリスチン酸、酪酸、ラウリン酸 代表的な油脂 含まれる食品 霜降り肉、脂身(ヘット、ラード)、鶏の皮、卵、パーム油、乳製品、ヤシ油 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more