テーマ:予防と健康全般

これを知っていれば副作用問題で勝訴できる!

弁護士さんは法律の専門家ですが、薬のことは意外とわかっていませんよね。チョット気になりましたので[副作用大全]としてまとめてみることにしました。 皆さん及び弁護士さん、薬の副作用のことどれだけご存知ですか? それでは訴訟に勝てませんよ。以下のA,Bの質問は正しいですか間違っていますか? □ A.薬による副作用は正しい飲み方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筆者がプロフェショナル人材バンク(ビズシル)のホームページで紹介されました。

プロフェショナル人材バンク(ビズシル)のホームページで紹介されました。⇒ https://komon-haken.spool.co.jp/media/434.html  大手製薬会社にてプロダクトマネージャー、国際渉外、安全性部門と多くの経験を重ね、薬のプロフェッショナルとなった徳田正武さんは現在、トクダ健康メディカルの代表として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症の脳内では何がおこってる?(よくわかる認知症と薬のQ&AP24-25より)

薬相談2万5千件のプロが答える 『よくわかる認知症と薬のQ&A みんなが悩む高齢者への抗血栓治療薬投与の疑問も解消』(メディカ出版社) ⇒本の内容紹介 メディカ出版 2016年6月10日発売(定価2200+税) amazonより購入 楽天ブックス メディカ出版購入ページ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワーファリンなどの坑血栓症治療剤(抗凝固剤、抗血小板剤)の話題満載!!

認知症についての本は多くありますが、認知症の治療薬(ドネペジル、メマンチンなど)について正しい理解のもとに、すなわちエビデンス情報をもとに書かれた本は多くありません。 加えて抗凝固剤のワーファリンや低用量アスピリン、クロピドグレル、リマプロスト、シロスタゾールなどの坑血小板剤やダビガトランなどの新しいタイプの経口坑凝固剤(NOAC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症治療薬の効能・効果の違い(よくわかる認知症と薬のQ&A P52より)

認知症治療薬の効能・効果の違いを表にしてみました。 薬相談2万5千件のプロが答える よくわかる認知症と薬のQ&A P52より (メディカ出版社) メディカ出版 2016年6月10日発売(定価2200+税) amazonより購入 楽天ブックス メディカ出版購入ページ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬相談2万5千件のプロが答える よくわかる認知症と薬のQ&A 新刊執筆!(2016年6月10日発売)

ついに誰が見てもわかりやすい薬の本を出版しました!!(メディカ出版) 認知症予防研究の第一人者、TVでもお馴染みの浦上克哉教授(日本認知症予防学会・理事長)ご推薦!! 本誌作成の意図(はじめに) 我が国では、高齢者の4人に1人が認知症又はその予備群と言われています。 認知症高齢者とともにより良く生きていくことが求められる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

800万人以上が認知症およびその予備軍

全国10市町における65歳以上の住民計約9,000人を対象に行われた厚生労働省研究班の認知症に関する大規模研究によれば、2012年時点の65歳以上の認知症の有病率は15%であり、全国の認知症高齢者数は約462万人と推計されました。 また、認知症を発症する前段階とみられる軽度認知障害(MCI)の高齢者が、約400万人と推計されました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バファリンは商品名で成分が異なります。

医療用バファリンには、「バファリン配合錠A330」と「バファリン配合錠A81」の2種類があります。 「バファリン配合錠A330」は「解熱鎮痛消炎剤」で「アスピリン330mg・ダイアルミネート150mg」含有の合剤で、「バファリン配合錠A81」は「抗血小板剤」で「アスピリン81mg・ダイアルミネート33mg」含有の合剤です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国でよく売れているハーブやサプリメントは?

国内では、ハーブやサプリメントの市場はあまり把握することができませんが、米国についてはAmerican Botanical Council, HarbalGram 2011の情報がありますので紹介します。売上は全体で50億ドル(2010年度)を越しているようです。 米国トップ20のハーブ&サプリメント 1.クランベリー 2.ソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高尿酸血症および痛風を防ぐには?

高尿酸血症とは? 血中尿酸が7.0mg/dl以上の場合を高尿酸血症と診断します。 8.0mg/dl以上で薬物療法が必要です。 痛風は高尿酸血症の合併症 尿酸値が7.0mg/dLを超えた状態が長く続くことで尿酸塩結晶が関節に沈着して起こる炎症が「痛風発作」です。ある日急に、足の親指の付け根が腫れ上がり激痛がおこります。この発作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新薬開発とゼネリックのリスクの違いは?

治療薬として広く医師によって処方されるためには、厚生労働省の厳しい承認審査をパスする必要があります。 そのためには開発に10?30年の歳月を要し、開発試験に毒性試験・品質確認試験・前臨床試験・臨床試験(フェーズ???)をすべて実施して安全性・有効性をクリアしなければなりません。そのため費用が1品開発に累計100億円以上かかります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルツハイマー型認知症と正しく向き合うには?

ご家族や周辺の方々に以下のような症状は見られませんか? 同じことを何度も言ったり、聞いたりする 物の名前が出てこない 置き忘れやしまい忘れが目立つ 時間、日付や、場所の感覚が不確かになった 病院からもらった薬の管理ができなくなった 以前はあった関心や興味が失われた 水道の蛇口やガス栓の締め忘れが目立つ 財…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

とくさん が薦めするサプリメント&ハーブのお薦め商品ととっておき情報

くすりのとくさん がお薦めする 「サプリメントとメディカルハーブのお薦め商品」と「とっておき情報」 を紹介します。 最新記事からの抜粋。 血圧低下作用のあるサプリとハーブは? タウリンと血圧低下、肝機能改善 ゴマリグナン類 (セサミン等) (水溶性食物繊維、ファイトケミカル) 肝臓にいいサプリ、ハーブ、健康食品は? …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

予防(一次予防、二次予防、三次予防)て何だろう?

病気になる前に策を講じるのが予防医学です。 また、生活環境や生活習慣を改善していくことで、病気になるのを防ぐことができる場合もあります。そうした予防のための学問は薬学のテーマでもあり薬と食と健康を考えるのが予防薬学です。 ただし、病名がつかなければ薬を処方できません。そこでサプリやハーブの出番となります。 健康増進と疾患の発生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べて不老長寿!

文明が発達しヒトの生活が豊かになっても、病気を予防しさらに健康になりたいという気持ちは変わらないものです。人は皆、どれほど健康であってもさらに健康でより丈夫になりたいと思っています。 「健康こそがこれから得るかもしれないどんな富よりも大切である」と思っているひともいるでしょう。 いつまでも健康でありつづけたいというウエルネス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肝臓にいいサプリ、ハーブ、健康食品は?

イノシトール(抗脂肪肝ビタミンとも呼ばれるビタミンB群の1つ) イノシトールを多く含む食品 柑橘類、豆類、小麦胚芽 (1)肝臓での余分な脂肪やコレステロールの蓄積を予防します。 脂肪やコレステロールの流れをスムーズにして、これらが肝臓や動脈に付着するのを予防します。 とくに肝臓に脂肪がたまりすぎないようにするため「抗脂肪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脂質代謝促進のあるダイエットサプリは?

脂質の代謝促進 カルニチン(非必須アミノ酸) 脂肪の代謝を刺激し、中性脂肪や脂肪酸を燃焼。ダイエットサプリメント、カルニチンを多く含む食品:赤身の肉、魚肉(ぶり,かつお ヴァーム(17種のアミノ酸) スタミナ効果。糖分燃焼を抑制し、乳酸の生産を抑制。ダイエット効果。肝臓機能を高めます。ヴァームを多く含む食品:スズメバチ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おすすめの健康診断

PETでがんの早期発見! マルチスライスCTで脳の健康診断 今やがんも生活習慣病! 事前に見つけて早めに治しましょう! <script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2678687&…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医師、看護師、薬剤師の転職、アルバイト紹介

今回は医師、看護師、薬剤師の転職、アルバイトの紹介をいたします。 新しい夢のある職場が見つかるといいですね! 医師の求人紹介 <script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2678687&pi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

糖尿病の予防にいい食品は?

肥満度測定のBMIは25以上が要注意です。 まずは、あなたの肥満度は? ajaxblogparts• 「血糖値がみるみる下がる100のコツ」(主婦の友社)より糖尿病の予防にいいとされる食品をあげてみます。 •たまねぎの味噌漬け •黒酢たまねぎ・・・即効性あり(1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生活習慣病予防指導士メモ

コ・メディカル:看護士、臨床検査技師、診療放射線技師、理学療養士 有資格者: あんま・マッサージ師、鍼灸師、柔道整復師 医業類似行為:(手術、投薬、注射)はできない 健康予防対策 一次予防:健康増進・発病の予防、← 健康的な生活習慣の確立 健康指導、予防接種、健康教育 二次予防:早…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運動療法をやってみませんか

まずは運動プログラムの立案から 1. 個人の健康や体力の特徴をきちんと把握しておく:いろいろと話を聞いて安全な範囲内で行う 2. 運動の目標を明確にしておく。 運動習慣者:週2回以上、1回30分以上、1年以上継続する。 アスレチック:柔軟性を高める HDL:運動により増加する 3. どんな運動を選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」

このブログでは世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」でAランク、Bランクのものを紹介しています。 ランク付けは「 A:強力な科学的根拠がある   B:十分な科学的根拠がある」となっています。 詳細はこちら→医学的なエビデンス(EBM*)に基づ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病気の未病、予防にはナチュラルメディスン(メディカルハーブ&サプリ)

未病とは検査値に異常がみられるが自覚症状はなかったり、自覚症状があるのに検査ではわからない状態をいいます。 私は、この病気の予防、未病に対してはメディカルハーブ&サプリ、そしてメディカルフードを適切に選びできるだけ正確に使用することでかなりの有用性がもたらされることを知っています。メディカルハーブ&サプリ、そしてメディカルフード(健康…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大事なことは病気を軽度でくいとめたいではありませんか?

私は30年以上も前のことですが薬学部(薬理学修士課程)を卒業し日本を代表する製薬メーカの一つにはいりました。そこでは主に病気を薬物で治療するという専門的な医療用医薬品を次々としかもどこよりも早く開発し販売するという努力が行われていました。  使用の対象はあくまでも患者さん(病人)が対象なのですが販売にあたっては患者さんではなく医師…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more