テーマ:皮膚疾患

ビタミンC

(1) 抗酸化作用があります。 (2) コラーゲンの生成を促進します。不足すると細胞の融合が弱まり壊血病で出血を誘発します。 (3) 免疫力を強化します。「白血球」の働きを強化します。 (4) 抗がん作用があります。がん誘発物質ニトロソアミンの体内生成抑制作用、インターフェロンの生成促進によりがんの発生を抑えます。 (5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビタミンB2、ビタミオンB6、ナイアシン(ニコチン酸、ニコチンアミド)

1.ビタミンB2 (1)糖質・脂質の代謝を促進します。 (2)エネルギー消費量の多いスポーツマンや、妊娠中の女性、成長期の子供に有効です。 (3)不足すると皮膚・粘膜疾患(口内炎、口角炎、舌炎その他粘膜部位の炎症)が生じます。 ビタミンB2を多く含む食品 納豆、鰻の蒲焼、各種レバー 、牛乳 2.ビタミンB6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

β-カロチン(プロビタミンA):ビタミンAの仲間 -改訂

β-カロチン:プロビタミンA  β-カロチンは吸収されるとビタミンAになる(カロチノイド)ためプロビタミンとも呼ばれます。カロチンにはα、β、γの3種類のタイプがありますが、食物中に含まれるカロチンはほとんどがβタイプです。 現在、500種以上もあるカロチノイドは全て、中心となる基本構造が同じであることから、すべてのカロチノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(8)

・皮膚疾患 ・尋常性乾癬、脂漏性皮膚炎(脂漏性、ふけ) B:アロエ アロエは、アフリカ原産の多年生多肉植物で多くの種類があります。一般にはケープアロエ、アロエベラ(キュラソーアロエ)、キダチアロエがよく知られています。 ケープアロエは日本薬局方で規定され緩下成分が多い種類で、アロエベラは欧米由来で葉が大きく厚い種類、キダチアロエ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more