テーマ:ファイトケミカル

イチョウ葉エキスはアルツハイマー型認知症に効くの?

イチョウは、中国原産で、日本でも数多く栽培されている落葉高木です。 中国や日本では種子を漢方として古くから利用しており、中国では紀元前2600年に既に喘息や気管支炎に用いていたという記録があります。 イチョウの中国語名は「銀杏」、「白果」、「公孫樹」であり、中薬ではその種子のみを用いています。 近年、ヨーロッパではイチョ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イオウ系ファイトケミカル(刺激臭成分)

イオウ系ファイトケミカル(刺激臭成分) →本物のにんにく卵黄 共通の作用 (1)強い抗酸化作用で活性酸素を除去します。 (2)血栓予防効果があります。 (3)中性脂肪、コレステロールを下げます。 (4)発がん物質の毒素を消す解毒酵素を活性化して、がんの発生を抑えます。 (5)NK(ナチュラルキラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポリフェノール類(ファイトケミカル フラボノイドグループ)

ポリフェノール類 (1)すべてのポリフェノールがビタミンEより強い抗酸化作用を有し、細胞内でも細胞間でも細胞膜上でもオールラウンドに作用します。 (2)ポリフェノールは2つ以上のOH(水素基)がついたフェノール環構造をもつ分子の総称です。 (3)赤ワイン中のポリフェノールはタンニン、カテキン、アントシアニン、リス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラボノール類(ファイトケミカル フラボノイドグループ)

フラボノール類 1)ケルセチン(フラボノール) 玉ネギの苦味にはケルセチンというポリフェノールが含まれています。このケルセチンは脂肪排出を助ける働きに優れており、血圧を下げる働きももつことがわかっています。  タマネギの苦味=ケルセチン(フラボノール系ポリフェノール) ケルセチンはポリフェノールの中でも特に脂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラバノン類(ファイトケミカル フラボノイドグループ)

フラバノン類 ヘスペリジン (1)毛細血管の強化作用があります。 (2)ビタミンCの働きを助け、活性酸素の発生を防止し血圧の上昇を防止します。 (3)肥満を予防します。 中性脂肪の分解、脂肪細胞生成を抑制し、肥満を予防します。 柑橘類の袋と筋 ブルーヘスペロンキンダイ ヘスペリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カテキン類((ファイトケミカル ポリフェノール)

カテキン類(カテキン、エピガロカテキン、エピガロカテキンガレート) お茶の葉や葉芽に含まれている水溶性成分で、苦味があります。お茶の苦味の成分は一般に”タンニン”と呼ばれてきましたが、タンニンを形成する成分の一部がカテキンです。 カテキンは緑茶中に10?15%含まれていますが、カテキンというのは総称であって、緑茶の中には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロズマリン酸 :ファイトケミカル

ロズマリン酸 (1)抗酸化作用、抗がん作用、美肌効果、消炎作用があります。 (2)抗アレルギー作用があります。 アトピー性皮膚炎や花粉症、関節炎に有効です。  あかじぞ、ローズマリー とくさんのお薦め商品紹介:人気の順番(よく売れている順番)です。 紫蘇黒酢(しそ酢) 720ml …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テルペン類(ファインケミカル)

テルペン類(ファインケミカル) テルペン類は柑橘類特有の香りや苦みの成分のことです。 テルペン類共通の作用として、発がん物質を無毒化する酵素を活性化し発がん物質の排出を促すなどの働きがあります。その他テルペン類の「しょうがの辛み」には、解熱・消炎・鎮痛作用や抗菌作用もあることが知られています。 1.リモネン(みかんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サポニン類 (ファイトケミカル)

サポニン類 サポニン類のソラニンはじゃがいもの芽や皮の緑化した部分に含まれ、腹痛やめまいなどの中毒症状がでますので要注意です。じゃがいもの芽や皮の緑化した部分は切り捨てて食べるようにしましょう。 大豆サポニンは数々の生活習慣病や肥満の予防に有効です。 (1)強い抗酸化作用をもち脂質の酸化を防止して代謝を促進します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抗酸化作用(老化の予防) を有するファトケミカル(ユリ科野菜)

ファイトケミカルとは植物由来の抗酸化栄養素のことで、ユリ科の野菜に属します。ファイトケミカルには強い抗酸化作用を有する物が多く、広く生活習慣病の予防に役立ちます。食べ物からも供給できますが、サプリメントとして普及しているものも多く見られます。 (1)植物由来で強い抗酸化作用を有します。 (2)ファイトケミカルは植物の色素を構…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more