テーマ:高脂血症・高尿酸血症(痛風)

医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(1)

ナチュラルメディスン(メディカルハーブ&サプリ)の世界には医学的にエビデンス(根拠)のない情報があふれかえっているのも事実です。高血圧症にいいとか、ガンにいいとか、コレステロールを下げるとかなど何を根拠に言っているのか疑問に思われる情報が飛び交っています。どれが本当でどれがウソなのかわからなくなっています。 そこで国内外の権威ある論…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

高尿酸血症および痛風を防ぐには?

高尿酸血症とは? 血中尿酸が7.0mg/dl以上の場合を高尿酸血症と診断します。 8.0mg/dl以上で薬物療法が必要です。 痛風は高尿酸血症の合併症 尿酸値が7.0mg/dLを超えた状態が長く続くことで尿酸塩結晶が関節に沈着して起こる炎症が「痛風発作」です。ある日急に、足の親指の付け根が腫れ上がり激痛がおこります。この発作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N-3系不飽和脂肪酸(α?リノレン酸系)は体にいいの?

不飽和脂肪酸 n-3系列脂肪酸 (α-リノレン酸系) の主な作用 1.血栓予防効果 2.末梢の血流促進 3.脂質代謝改善 4.脳神経系に必要 n-3系列脂肪酸とはα-リノレン酸 、EPA(エイコサペンタエン酸) 、DHA(ドコサヘキサエン酸)などのことで しそ油 、青魚(イワシ・サンマ・サバ)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当にコレステロールを下げる食事とは、注意が必要な食物は?

コレステロールを下げると言われている健康食品やサプリメントは数多くあります。 しかし、本当にコレステロールを下げる食事とはどういうものなのでしょう。 脂質のなかでもオレイン酸リッチなもの、EPA/DHAなどはお薦めです。 一価不飽和脂肪酸(オレイン酸リッチ):◎ ・ アーモンド、マカデミアンナッツ ・ オリーブ油 多…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ビタミンE/トコトリエノール

ビタミンE/トコトリエノール (1)リン脂質(細胞膜の構成成分)に含まれる不飽和脂肪酸の酸化を抑制し、過酸化脂質の産生を抑制します。 (2)LDL-コレステロールが酸化LDLになるのを抑制します。 (3)トコトリエノールはビタミンEの一種で抗酸化作用は、α-トコフェロール(従来のビタミンE)の10?50倍強いです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カプサンチン:ビタミンAの仲間

ビタミAの仲間 カプサンチン(カロチノイド) カプサンチンの抗酸化作用の強さは、β-カロチン以上であり、リコピンとほぼ同等です。このことから、カプサンチンにも、がんや脳血管疾患、心臓病といった、生活習慣病を予防する作用が期待できます。 カプサンチンの主な作用のまとめ (1)強力な抗酸化作用が認められており、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イオウ系ファイトケミカル(刺激臭成分)

イオウ系ファイトケミカル(刺激臭成分) →本物のにんにく卵黄 共通の作用 (1)強い抗酸化作用で活性酸素を除去します。 (2)血栓予防効果があります。 (3)中性脂肪、コレステロールを下げます。 (4)発がん物質の毒素を消す解毒酵素を活性化して、がんの発生を抑えます。 (5)NK(ナチュラルキラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポリフェノール類(ファイトケミカル フラボノイドグループ)

ポリフェノール類 (1)すべてのポリフェノールがビタミンEより強い抗酸化作用を有し、細胞内でも細胞間でも細胞膜上でもオールラウンドに作用します。 (2)ポリフェノールは2つ以上のOH(水素基)がついたフェノール環構造をもつ分子の総称です。 (3)赤ワイン中のポリフェノールはタンニン、カテキン、アントシアニン、リス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラボノール類(ファイトケミカル フラボノイドグループ)

フラボノール類 1)ケルセチン(フラボノール) 玉ネギの苦味にはケルセチンというポリフェノールが含まれています。このケルセチンは脂肪排出を助ける働きに優れており、血圧を下げる働きももつことがわかっています。  タマネギの苦味=ケルセチン(フラボノール系ポリフェノール) ケルセチンはポリフェノールの中でも特に脂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラバノン類(ファイトケミカル フラボノイドグループ)

フラバノン類 ヘスペリジン (1)毛細血管の強化作用があります。 (2)ビタミンCの働きを助け、活性酸素の発生を防止し血圧の上昇を防止します。 (3)肥満を予防します。 中性脂肪の分解、脂肪細胞生成を抑制し、肥満を予防します。 柑橘類の袋と筋 ブルーヘスペロンキンダイ ヘスペリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カテキン類((ファイトケミカル ポリフェノール)

カテキン類(カテキン、エピガロカテキン、エピガロカテキンガレート) お茶の葉や葉芽に含まれている水溶性成分で、苦味があります。お茶の苦味の成分は一般に”タンニン”と呼ばれてきましたが、タンニンを形成する成分の一部がカテキンです。 カテキンは緑茶中に10?15%含まれていますが、カテキンというのは総称であって、緑茶の中には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サポニン類 (ファイトケミカル)

サポニン類 サポニン類のソラニンはじゃがいもの芽や皮の緑化した部分に含まれ、腹痛やめまいなどの中毒症状がでますので要注意です。じゃがいもの芽や皮の緑化した部分は切り捨てて食べるようにしましょう。 大豆サポニンは数々の生活習慣病や肥満の予防に有効です。 (1)強い抗酸化作用をもち脂質の酸化を防止して代謝を促進します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリオシトリン:その他のファイトケミカル

その他のファイトケミカル エリオシトリン(フラボノイド系) レモンやライム特有の黄色い色素でフラボノイドの仲間です。とくに皮には果汁の10倍(200mg)のエリオシトシンが含まれています。 (1)強い抗酸化作用を有し、脂質の酸化を防いでがんや生活習慣病を予防します。 (2)血圧の上昇を抑える作用があります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スコルジン:その他のファイトケミカル

スコルジン スコルジンはにんにくの無臭成分です。基礎代謝を高め脂肪燃焼をアップさせる作用があります。 細胞を活発化させ、血行をよくし、発刊や利尿、消化を促進する働きがあり、新陳代謝を高めて脂肪の蓄積を防ぎ、血中コレステロールの低下作用や中性脂肪の値を下げる作用があります。動脈硬化や高脂血症に有効です。 また、スコルジンに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリタデニン:その他のファイトケミカル

エリタデニン エリタデニンは、コレステロールを包み込んでいる血漿の脂肪酸を変化させます。これにより、コレステロールが肝臓などに取り込まれやすくなり、血中コレステロール濃度が低下すると考えられています。 血中コレステロール低下は、動脈硬化の予防になります。 エリタデニンには血中コレステロール低下のほかにも働きがあると考えていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OPC(オリゴプロアントシアニディン):その他のファイトケミカル

OPC(オリゴプロアントシアニディン) 広く食物に含まれている成分で、とくに緑茶やローズマリー、サンザシなどの皮や樹皮、種に多く含まれています。 (1)太陽光線から守り、遺伝子を保護する働きがあります。 (2)強い抗酸化作用があります。 サプリメント 【フランス海洋松抽出美容成分】OP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アスタキサンチン:その他のファイトケミカル

アスタキサンチン (1)強い抗酸化作用を有し、コレステロールの血管付着を防ぎます。 (2)さらに血管壁に付着したコレステロールを取り除く作用があります。 (3)黄斑変性症(眼の病気)の改善、肌の色素沈着を抑制します。 えびやかに、イクラに含まれる赤い色素成分です。 ブルーベリーのアントシアニンとア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリシン(非必須アミノ酸)

生体内でタンパク質生成に必要なアミノ酸には生体内で生成できるアミノ酸と体外から補給しないと自己では生成できない必須アミノ酸の2種類があります。 必須アミノ酸: イソロイシン、ロイシン、リジン、含琉アミノ酸(メチオニン+シスチン)、芳香族アミノ酸(フェニルアラニン+チロシン)スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン 非必須ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脂質・脂肪酸:α-リノレン酸 (多価不飽和脂肪酸)、 n-3系列

α-リノレン酸 (多価不飽和脂肪酸)、 n-3系列 (1)n-3系列のα-リノレン酸は良質の多価不飽和脂肪酸です。 良質の脂肪酸ですが酸化されやすいのでサラダやマリネなど生で利用する方がいいとされています。 (2)血小板の凝集抑制による血栓予防効果、末梢の血流促進による血圧低下作用があります。 (3)α-リノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(2)

医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ(2) ・うっ血性心不全、高血圧 ランクB:コエンザイムQ10 (1)ビタミンEに匹敵する抗酸化作用を有し、ビタミンEよりも効果が速くて持続します。 コエンザイムQ10は、1957年に始めて抽出され、1970年には抗酸化作用があることが証明されました。ほかにも、免疫力を強…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

タンニン類(ファイトケミカル ポリフェノール)

タンニン類 (1)タンニンはカテキン類の総称です。 (2)お茶の渋みのもとです。 テアフラビンとテアルビジン(紅茶の赤い色素)  (1)抗酸化作用、抗がん作用、殺菌作用、抗ウイルス作用、消炎作用があります。  (2)血中コレステロールを低下させ肥満予防に効果的です。  (3)スタミナを持続させるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペクチン (水溶性食物繊維)

水溶性食物繊維 ペクチン (水溶性および不溶性食物繊維) (1)コレステロールの低減作用があります。 胆汁酸が腸管内で吸収されるのを防ぐことにより、胆汁酸の合成原料であるコレステロールを低減させます。 ペクチンを多く含む食品 リンゴの皮、柑橘類の皮 とくさんのお薦め商品紹介:人気の順番(よく売…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リグニン (不水溶性食物繊維)

リグニン (不水溶性食物繊維) (1)胆汁酸の腸肝循環を抑制します。 腸肝循環している胆汁酸を吸着して体外に排出しコレステロールを減らします。 (2)分子が大きいため消化酵素で分解されず便通を促進させます。 リグニンを多く含む食品    豆、ココア、いちごの種、切り干し大根 【送料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キチン・キトサン (その他の食物繊維)

その他の食物繊維 キチン・キトサン 多くの健康食品素材がある中で、その物質について専門的に研究する学会「日本キチン・キトサン学会」があります。 1)コレステロール低下作用があります。 コレステロールの肝臓への吸収・吸着を抑えます。また、胆汁酸を吸着してコレステロールの排泄を促進します。これはリンゴ皮に多いペク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オレイン酸 (1価不飽和脂肪酸) n-9系列

オレイン酸 (1価不飽和脂肪酸) n-9系列 (1)過酸化脂質をつくりにくい不飽和脂肪酸です。 脂肪酸のなかでも推奨されるものがn-9系列のオレイン酸です。ただし、脂肪なのでとりすぎると太るので注意は必要です。 (2)オリーブ油はオレイン酸が豊富です。 オレイン酸の多いオリーブ油はAOM値が極めて高く、過酸化に対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バナジウム(V):ミネラル

バナジウム(V) (1) 脂質(中性脂肪やコレステロール)代謝を促進し低下させます。 (2) インシュリンの分泌を安定化し、血糖値を正常に保ちます。(糖尿病) バナジウム(V)を多く含む食品 豆腐、わかめ 【送料無料】アサヒ 富士山バナジウム天然水 2L 12本【マーケット】 →「EBM…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more