テーマ:血栓性疾患

血小板凝集抑制剤を飲んでいても止血はできる。

血液が凝固するためには、血小板だけでなく血液凝固因子(フィブリノーゲン、プロトロンブンはじめその他の血液凝固因子)が大きく関与してはじめて止血します。 そのため、たとえ血小板の凝集を少々抑えても血液凝固因子が正常に働いていれば止血機構は働くものと考えられます。 血小板の凝集を抑える薬剤としてはアスピリン(バイアスピリン、バファリンA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワーファリン、アスピリン製剤、クロピトグレルなどの使い分け

1)「心房細動による脳塞栓症の予防」、「人工弁置換術後の血栓予防」に対して 心臓病では「心房細動による脳塞栓症の予防」ならびに「人工弁置換術後の血栓予防」にはワーファリンはアスピリン製剤(バファリン、バイアスプリン)よりも必須となっています。 2)肺塞栓症や深部静脈血栓症に対して また、ワーファリンは肺塞栓症や深部静脈血栓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血栓症・塞栓症の予防に対するワーファリン、アスピリン製剤、クロピトグレルなどの使い分けは?

ワーファリンは抗凝固剤(ビタミンK依存性凝固因子の活性阻害剤)で、アスピリン、クロピトグレルは抗血小板剤です。それぞれ血栓症・塞栓症の予防に使用されますが、使い方は微妙に異なります。 1)「心房細動による脳塞栓症の予防」、「人工弁置換術後の血栓予防」に対しては 心臓病では「心房細動による脳塞栓症の予防」ならびに「人工弁置換術…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

カテーテル・アブレーションで心房細動から解放されるの?

発作性心房細動などの不整脈の治療には、まず最初に不整脈の治療剤が使用されますが、同時に心原性脳梗塞の予防に抗凝血薬(抗血栓症予防薬)のワーファリンが使用されます。 今ではワーファリンは心房細動の患者様にはなくてはならないものです。 しかし、相互作用が多く薬物併用や食事制限を厳しく受けるために患者様にとっては悩みの種でもあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術でワーファリンを休薬するときは?

血栓症の予防でワーファリンを飲んでいる方がいらっしゃいますか? ワーファリンを飲んでいる患者さんが抜歯をしたり内視鏡検査の時に組織の一部を生検することがありますがそのようなときには、ワーファリンを休薬すべきかどうか悩んでしまいます。 また、休薬するにはどれぐらい前から休薬すればいのか悩んでしまいます。 最近では、抜歯や眼科…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(12)

慢性静脈不全、下肢静脈瘤 ランクA:セイヨウトチノキ(別名マロニエ) セイヨウトチノキはサポニン[アエスシンaescin (escin):樹皮には含まない]、 フラボノイド、 クマリン、クマリン配糖体[エスクリン]、 タンニンを含みます。 25mほどの高さの落葉樹です。バルカン半島からヒマラヤまでの広い地域でみられます。16…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more