15.典型的な症状への具体的な対応の仕方(続き2)

③ 幻視・見間違い・妄想への対応
幻視や見間違いは室内の環境が関係していることがあるので、照明器具などを明るいものに変更したり、壁紙の模様をシンプルなものにかえるなどの工夫が効果的です。

幻視などに対しては「悪さはしないから大丈夫よ」と安心できるような対応がいいとされています。近づいたり触ったりすると消えてしまいます。

妄想は優しく手を握ったり軽く背中をトントンしてあげることで心が落ち着く場合があります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック