リバスチグミン経皮吸収型製剤からドネペジルへの切替えはどうするのですか?

リバスチグミン経皮吸収型製剤(製品名 イクセロンパッチ、リバスタッチパッチ)を使っていた患者さんが、ドネペジルに切り替える場合には、

リバスチグミン18mgパッチ除去後の半減期(3.3時間)から体内消失時間を推測しますと、
消失するには半減期の約5倍の16.5時間は掛かると考えられます。

パッチを剥がした翌日よりドネペジルの初期用量の3mgから開始し、副作用発現などにご注意しながら使います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック