症状の進行を遅らせる薬 ガランタミン リバスチグミン メマンチン

ガランタミン:
ドネペジルが1999年に日本で発売され、長い間認知症の治療薬が1剤だけという状況でした。
そのような中、2011年になってようやくドネペジル以外のアルツハイマー型認知症治療薬ガランタミン、リバスチグミンとメマンチンの三剤が追加発売されました。
ガランタミンとリバスチグミンはドネペジルと同じようにアルツハイマー型認知症では「脳内においてアセチルコリンが著しく減少している」という仮説に基づいて開発された薬です。

アセチルコリン受容体にはムスカリン性の受容体とニコチン性の受容体がありますが、ガランタミンは、アセチルコリンエステラーゼ阻害作用に加え、ニコチン性アセチルコリン受容体への亢進作用(APL作用)も併せもつ薬剤と言われています。
よってより有用性が期待できるように思われますが、アルツハイマー型認知症(AD)には、高度な症状への適応症は認められておらず、軽度・中等度のみの使用に限定されています。

リバスチグミン(パッチ製剤):
パッチ製剤としては世界初のアセチルコリンエステラーゼ阻害剤です。
ただし、軽度・中等度のみの使用になります。高度アルツハイマー型認知症ADへの効能・効果はありません。

メマンチン:
メマンチンは上記3剤と作用機序が異なります。
脳内で学習や記憶にかかわるとされる神経細胞のN-メチル-D-アスパラギン酸(NMDA)型グルタミン酸受容体の興奮を抑え、持続的な興奮による神経細胞の壊死を保護する薬剤と言われています。

ただし、メマンチンには軽度(AD)への効能・効果がなく中等度・高度のみの使用になります。
そのため、アセチルコリンエステラーゼ阻害剤と併用して使用されることがありますが、併用できるのは効能・効果からドネペジルだけです。

また、メマンチンには興奮性をあおるような作用が少なく周辺症状が出やすい人には有用という評価もあります。
メマンチンには副作用として「めまい」、「眠気」、「頭痛」、「便秘」などがおこることがあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック