ワーファリン、アスピリン製剤、クロピトグレルなどの使い分け

1)「心房細動による脳塞栓症の予防」、「人工弁置換術後の血栓予防」に対して
心臓病では「心房細動による脳塞栓症の予防」ならびに「人工弁置換術後の血栓予防」にはワーファリンはアスピリン製剤(バファリン、バイアスプリン)よりも必須となっています。


2)肺塞栓症や深部静脈血栓症に対して
また、ワーファリンは肺塞栓症や深部静脈血栓症に対しても使われます。


3)心筋梗塞に対して
心筋梗塞に対してはまずアスピリンが使われますが、ワーファリンも再梗塞の二次予防に使用されます。

また、DES(薬剤溶出性)ステントの血栓予防にクロピトグレルとアスピリンが有名ですが、ワーファリンはとアスピリンが併用して使われることもあります。

ただ、ワーファリンは凝固能活性を下げますが、アスピリンは血小板の凝集能を抑えますのでワーファリンとアスピリンを併用するときは出血リスクが増大するワーファリンの併用は注意が必要になります。

現在ではアスピリンが優先されているようです。特に併用時は重篤な出血がでることが多くなりますのでワーファリンの使用にはINRはしっかり管理が必要です。




ジェネラリストのための内科外来Q&A -脳梗塞- (ケアネットDVD)
ケアネット
森 貴久

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジェネラリストのための内科外来Q&A -脳梗塞- (ケアネットDVD) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック