グレープフルーツジュースと医薬品の相互作用(飲み合わせ)

一部の医薬品は、グレープフルーツジュースを飲むと効果が強く出たり、副作用が現れやすくなるおそれのあることが知られています。血圧を下げる薬や高脂血症の治療剤などにみられます。要注意です。


降圧剤(カルシウム拮抗剤の「ニフェジピン(アダラート)」、「ニカルジピン(ペルジピン)」、「ニトレンジピン(バイロテンシン)」、「ニソルジピン(バイミカード)」、「マニジピン(カルスロット)」、「ベラパミル(ワソラン)」)など、

高脂血症治療剤(「シンバスタチン(リポバス)」、「アトルバスタチン(リピトール)」など)、

免疫抑制剤(「シクロスポリン(サンデイミュン)」など)、

催眠鎮静剤、麻酔前投薬「ミタゾラム(ドルミカム)」、「トリアゾラム(ハルシオン)、(ネスゲン)、(ハイラック)、(ミンザイン)、(ライトコール)、(アサシオン)」


グレープフルーツジュースには、腸管での薬物代謝酵素の働きを抑える物質が含まれているため、腸管で薬が代謝される割合が減り、その結果体内に薬が吸収される量が通常より増えてしまいます。このため、効果が強く出たり、副作用が現れやすくなると考えられています。
すなわち、グレープフルーツに含まれる苦味成分のフラボノイドが今回取り上げた薬の解毒酵素チトクロームP450-CYP3A4という酵素の仕事を邪魔するのです。その結果、薬をのみ過ぎた症状が出るのです。
具体的には、降圧剤(カルシウム拮抗剤の場合は、まず血圧が下がり過ぎ、心拍数が増えます(ドキドキの回数が増える)。そしてめまい、ふらつき、頭痛、顔面紅潮(顔がほてる)等が起きます。

さらにこの相互作用はグレープフルーツジュースを飲んだ日だけではなく、2~3日続く場合もあるといわれていますので注意が必要です。

なお、この酵素の働きを抑える物質は、グレープフルーツの果肉の部分にも含まれているようです。従って、ジュースだけではなく、果肉を食べる場合にも注意が必要といわれています。

画像


上記のほかにもグレープフルーツジュースを避けるべき医薬品は多数ありますので、新たなお薬が処方された時などは、薬剤師に確認されることをおすすめします。

なお、グレープフルーツと同じ柑橘類でも、ミカン、オレンジなどは影響を与えないといわれています。

→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ

→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック