スレオニン(脂肪肝予防必須アミノ酸)

スレオニン(脂肪肝予防必須アミノ酸)
スレオニン(トレオニン)は、体内で合成できない必須アミノ酸の一つであり、リジンと並んで穀類などでは含量が低くまた、消化吸収が悪い特性があるため不足しやすいアミノ酸です。

スレオニンは、食事からとリ入れたたんぱく質を使うときに必要とされ、成長と新陳代謝をうながす働きをします。
脂肪肝の予防効果があり、アルコール飲料の飲み過ぎや、脂肪の多い食事の食べすぎなどで、肝臓に余分な脂肪が蓄積されるのを阻止する作用や、胃炎改善作用、筋緊張昂進の抑制作用があります。
不足すると、食欲不振や成長阻害、体重減少や貧血などの症状があらわれる事もあります。

スレオニンは、コラーゲンの材料になり、皮膚角質層に存在するNMF(天然保湿因子)を構成しているアミノ酸の一種でもあります。角質層の保湿力を維持し、皮膚コンディションを整えたり、ターンオーバーを正常化する働きも有ることから、化粧品などでは、スキンケアの保湿・保水性分として配合されることもあります。

(1)脂肪肝を防ぐ作用があります。

((2)成長促進作用があります。

スレオニンを多く含む食品

大豆、湯葉、しらす干し、ゼラチン

→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ

→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック