オロット酸(ビタミンB13)

オロット酸(ビタミンB13)

(1)肝臓の障害や早すぎる老化を予防します。
肝臓障害や早すぎる老化を予防するはたらきがあると、推察されています。

(2)葉酸やビタミンB12の代謝を助けます。
オロット酸はビタミンと似た作用をもちますが 体内で合成されるため必須ではなく 正式にはビタミンとされず、厳密にはビタミンではなく、ビタミン様物質です。
水溶性でビタミンB13とも呼ばれ、葉酸やビタミンB12の代謝にはたらいています。

そのほかの体内でのはたらきや欠乏症については、まだよくわかっていません。

オロット酸を多く含む食品
小麦胚芽、ビール酵母

→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ

→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック