ビタミンKは骨を丈夫にする?

ビタミンKは、1929年にデンマークのダムによって、血液を正常に凝固させるための必須物質として発見されました。
ビタミンKの名前の由来も、オランダ語の「凝固(koagulation)」の頭文字からきています。
出血時に血が自然に止まるのは、体内に血液を凝固させる物質があるためで、その血液を凝固させる物質のひとつであるたんぱく質(プロトロンビンなど)を生成する補酵素として働くのが、ビタミンKです。

ビタミンKにはいろいろな種類があり、そのなかで自然界に存在するのはK1とK2の2種類です。K1はおもに植物の葉緑体で作られるため、ほうれん草などの緑色の濃い野菜や海草などに多く含まれます。
また同じ野菜でも、日に良く当たる外側の葉のほうが、内側よりもビタミンKが多く含まれます。K2はおもに微生物によって作られるため、発酵食品である納豆などに多く含まれます。またビタミンK2は腸内細菌によっても合成されます。また、体内でK1はK2に変換して働くともいわれK2の方が即効的で効力も1.5倍強いとされています。

このビタミンKには、骨を丈夫に保つ働きもあります。
骨に含まれるたんぱく質の中で最も多いのが、ビタミンCと関係するコラーゲンですが、その次に多いのがビタミンKが合成に関わるたんぱく質オステオカルシンです。

オステオカルシンはカルシウムが骨に沈着するときに必要な物質で、ビタミンKはそのオステオカルシンの生成に関与することでカルシウムの骨への沈着を促します。

これ以外にもビタミンKにはカルシウムが骨から流出するのを抑える働き、骨の石灰化への手助けなどがあり、複合的に骨を丈夫にするために働きます。

ビタミンKが不足すると、骨に十分にカルシウムが取り込めなくなり、細くもろい骨になってしまいます。このためビタミンKは骨粗鬆症の予防に有効です。またカルシウムの取り込みとは逆に、動脈や腎臓などでは、カルシウムの沈着を防ぐ働きがビタミンKにはあります。


相互作用

抗凝固薬ワルファリン(製品名:ワーファリン)を使用している患者ではワーファリンの作用に薬理学的に拮抗しますのでビタミンKが多く含まれる「納豆」、「青汁」、「クロレラ」は使用を避ける必要があります。
一方、ホウレンソウやブロッコリーなどの緑物野菜もビタミンKを含みますが、普通に食べる回数・量ではほとんど問題になりませんが、多く食べすぎないことが大事です。
ワルファリンを服用されている場合は医師、薬剤師にはワルファリンを飲んでいることを必ずお伝えすることが大事になります。

→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ

→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ







骨代謝と活性型ビタミンD
ライフ・サイエンス出版

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 骨代謝と活性型ビタミンD の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


リフレ ビタミン&ミネラル+乳酸菌 <35014>
リブドゥコーポレーション

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リフレ ビタミン&ミネラル+乳酸菌 <35014> の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ビタミンK2 5000mcg(丈夫な骨のサポートに)【YDKG-s】
サプリンクス・ビタミン・ストア
カルシウムだけじゃだめ! ビタミンK2でカルシウム補給をスムーズに &nbsp; &

楽天市場 by ビタミンK2 5000mcg(丈夫な骨のサポートに)【YDKG-s】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン ウェイファーラー

    Excerpt: ビタミンKは骨を丈夫にする? EBMで裏付けされた健康食品、サプリ&ハーブ情報/ウェブリブログ Weblog: レイバン ウェイファーラー racked: 2013-07-05 23:42