レディー(女性)のためのメディカルハーブとサプリは?

レディーのための体にやさしメディカルハーブとサプリをまとめてみました。
領域ハーブ名種属おもな作用備考
炎症を鎮める作用と婦人科症状改善カモミール  消炎、鎮静、鎮痙作用
 冷え性、生理痛
(ジャーマン)消炎、鎮静、鎮痙作用と体を温める働きを合わせ持つため、胃炎、胃潰瘍などの消化器系疾患と冷え性、生理痛などの婦人科系疾患に用いられます。
関節痛、婦人科症状サフラワー
(ベニバナ)
キク科冷え性、更年期障害改善 
婦人科症状:ジャーマンカモミール 学名:マトリカリア
 学名のマトリカリアは子宮を意味します。
婦人科症状:チェストトゥリー別名:セイヨウニンジンボク、
バイテックス
  
婦人科症状:ラズベリーリーフフラガリン
(バラ科)
生理痛や生理前症候群の緩和や出産準備子宮や骨盤の周辺の筋肉を調整し、過度の緊張を和らげる働きを持つため、生理痛や生理前症候群の緩和や出産準備の目的で用いられます。
婦人科症状:ネトル   
婦人科症状:サフランアヤメ科通経作用と 血行促進作用(冷え症や更年期の冷え、のぼせ、それに肩や腰の痛みやしびれ)

記憶力の増強
昔から婦人薬の原料として用いられ、通経作用と 血行促進作用、それに最近の研究では神経の成長を促進することが確認されています。このため適応としては冷え症や更年期の冷え、のぼせ、それに肩や腰の痛みやしびれ、記憶力の増強に用います。
婦人科症状:ゼラニウム 虫除け 
婦人科症状:パセリセリ科婦人病 
婦人向きマリーゴールド
(カレンデュラ)
キク科生理不順、消化不良その他、カロチノイド色素を豊富に含み、抗菌作用を持つため皮膚粘膜や毛細血管の修復と保護、創傷の治癒を目的に内用と外用で用いられます。
婦人向きドクダミドクダミ科利尿作用と緩下作用(おだやかな下剤)をもち、
また強力な抗菌作用を発揮するため、体内の毒素や老廃物の排泄を促して体の新陳代謝を高めます。
どくだみの名は「毒下し」に由来し、昔から解毒の目的で用いられてきました。


→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ

→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック