医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(10)

世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な
ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメントでAランク、Bランクのものを紹介します。
 A:強力な科学的根拠がある B:十分な科学的根拠がある

肝臓疾患(慢性肝炎、肝硬変)
ランクA:なし

ランクB:オオアザミ、シリマン

オオアザミは、別名「ミルクシスル」といいます。「聖母マリアの乳」に由来し、ヨーロッパで2000年前から親しまれ、肝機能障害の治療薬ちして親しまれてきたメディカルハーブです。細胞膜の活性酸素発生を抑え、肝細胞の保護、肝臓の機能改善に有効とされます。
ウコンとは違った作用で肝臓の元気をサポートします。
有効成分の「シリマリン」はオオアザミの種子に含まれており肝細胞保護作用や肝機能改善作用の効果が科学的に証明されてきています。ドイツではコミッションE(ドイツの薬用植物の効能に関する公的評価委員会)で、肝機能障害に効果を示すハーブとして、慢性肝炎や肝硬変への使用を承認しています。

「シリマリン」は、慢性肝炎、肝硬変のみならず、肝脂肪、虚血性肝臓障害等の症状改善や肝細胞の再生に効果を示し、胆管炎、胆汁排泄障害、胆石にも有効な作用があると報告されています。


オオアザミは、キク科オオアザミ属の植物で薄い紅紫色の花を咲かせます。丈が1m以上もあり、トゲを持ち、白いまだら模様を持っている大きな葉が特徴です。この葉の白いまだら模様が、別名「ミルクシスル」の名前の由来になっています。
白いまだら模様はミルクがこぼれたように見えるために、また、聖母マリアの乳が葉の上にこぼれたという説、また聖母マリアのミルクに関するエピソードから、「マリアアザミ」、「ミルクシスル」の名称で親しまれてきました。

続き(11)→

医学的なエビデンス(EBM*)に基づいた医療情報(1)は→こちら

医学的なエビデンス(EBM*)に基づいた医療情報(2)は→こちら

医学的なエビデンス(EBM*)に基づいた医療情報(3)は→こちら

医学的なエビデンス(EBM*)に基づいた医療情報(4)は→こちら

医学的なエビデンス(EBM*)に基づいた医療情報(5)は→こちら

医学的なエビデンス(EBM*)に基づいた医療情報(6)は→こちら

医学的なエビデンス(EBM*)に基づいた医療情報(7)は→こちら

医学的なエビデンス(EBM*)に基づいた医療情報(8)は→こちら

医学的なエビデンス(EBM*)に基づいた医療情報(9)は→こちら

薬とメディカルハーブ&とサプリの有効性、安全性(副作用)と相互作用(飲み合わせ)のことなら
スペシャルサイト(姉妹サイト)→→→「予防としてのナチュラルメディスン(メディカルハーブ&サプリ)の世界」がお薦めです。

→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ

→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ






臨床推論ーEBMと病態生理から症例を考える
楽天ブックス
商品副データ基礎臨床技能シリーズ後藤英司メジカルビュー社この著者の新着メールを登録する発行年月:20

楽天市場 by 臨床推論ーEBMと病態生理から症例を考える の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

EBM小児疾患の治療(2007ー2008)
楽天ブックス
五十嵐隆中外医学社この著者の新着メールを登録する発行年月:2007年01月登録情報サイズ:単行本ペー

楽天市場 by EBM小児疾患の治療(2007ー2008) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

2017年07月22日 00:39
Thanks for sharing your thoughts on _i_@\_A_b_A_A_d_j.

Regards

この記事へのトラックバック

  • 医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(9)

    Excerpt: 体重減少 ランクB:エフェドラ/マオウ エフェドラ(Ephedra)というのは、中国に自生するマオウ科(Ephedraceae)などの地上茎を乾燥したものが、生薬「マオウ」です。日本名としては、.. Weblog: EBMで裏付けされた健康食品、サプリ&ハーブ情報 racked: 2010-11-06 16:32