ポリフェノール類(ファイトケミカル フラボノイドグループ)

ポリフェノール類

(1)すべてのポリフェノールがビタミンEより強い抗酸化作用を有し、細胞内でも細胞間でも細胞膜上でもオールラウンドに作用します。

(2)ポリフェノールは2つ以上のOH(水素基)がついたフェノール環構造をもつ分子の総称です。

(3)赤ワイン中のポリフェノールはタンニン、カテキン、アントシアニン、リスベラロールなどです。
赤ワイン、バナナ、マンゴー、ブルーベリー、しゅんぎく


1)アントシアニン
(1)血圧を上昇する酵素の働きを阻害して高血圧を予防します。

(2)血小板の凝集抑制作用があります。

(3)毛細血管を保護し、脆弱化を防止します。

(4)視力を向上させ、眼精疲労を改善します。

(5)肝臓機能を強化します。

アントシアニンを多く含む食品
ブルーベリーの皮、ブルーベリージャム、ぶどう

カシスはアントシアニンの中でも抗酸化力の強いデルフィニジン配糖体が多く含まれているのが特徴で、ブルーベリーには含まれていないルチノイドも含有しており、健眼に効果があるとされています。


2)ウーロン茶ポリフェノール
(1)脂肪の分解を促進し、血中のコレステロール値・中性脂肪値をさげます。


3)エラグ酸
(1)中性脂肪、コレステロールを下げます。

(2)発がん物質の活性を抑え、発がん物質がDNAに結合するのを抑えます。
レッドラズベリー、ゲンノショウコ、ユーカリ


4)フェルラ酸
(1)食品分野では酸化防止剤として利用します。
   米糠、発芽玄米 、

(2)物忘れや記憶力の低下抑制作用があります。
年齢を重ねると、脳内のβアミロイドの増加がみられアルツハイマー型認知症や記憶学習力低下を招くと考えられています。フェルラ酸はその作用を抑制するのではと考えられていますが、まだエビデンスは明確でないため今後の厳密なる臨床研究の裏付けが期待されています。


5)クロロゲン酸
(1)活性酸素の発生を抑制します。

(2)がん原因細胞の突然変異を防止します。

(3)発がん物質のニトロソアミンの発生を抑制します。
コーヒー(クロロゲン酸、カフェ酸)、じゃがいもの皮、さつまいもの皮

→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ

→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック