EBMで裏付けされた健康メディカル情報

アクセスカウンタ

<プロフィール> :くすりのとくさん :
トクダ健康メディカル  代表
徳田 正武(TOKUDA MASATAKE):
健康メディカルコンサルタント&アドバイザー
千葉県在住

事業内容の紹介<私の得意分野>
T. 企業サポート:(顧問サービス)
@ヘルスケア・バイオサイエンス事業の立上げ支援
Aプロダクト・マネージャー(PM)制度導入支援(商品マーケティング戦略支援)
B医療機関専門医師、薬剤師、ほかのオピニオンリーダー(OL)の発掘支援
C薬の安全管理部門支援(GVP管理、有害事象・副作用の評価)

U. 講演会・セミナー、研修会(新人研修を含む)の講師
@認知症治療薬販売の大手製薬メーカー出身者(薬剤師)からみた「認知症の予防と薬物治療(ドネペジル他)」の講演会・セミナー、研修会の講師
A薬剤師、看護師、管理栄養士、介護福祉士のための抗血栓療法(ワルファリン療法、NOAC療法、抗血小板療法など)の講演会・セミナー、研修会の講師
B薬剤師から見た「病気予防のためのビタミン、ミネラル、食物繊維、アミノ酸、ファインケミカルなどの栄養成分の摂り方」の指導・講演・セミナー・研修会の講師
C「副作用に対する正しい知識と理解」についての・講演・セミナー・研修会の講師

以上、健康関連企業からの顧問サービスの依頼はじめ医療機関、看護学校、管理栄養士グループ、薬局グループ、製薬企業、都道府県市町村の各自治体、商工会議所、介護事業グループ等からの講演・セミナー、研修会、研究会、学会、授業の講師依頼など幅広く案件を承りますのでご気軽にお問い合わせください。
講演・セミナー、研修会の講師依頼につきましては全国からの案件を承ります。

趣味:パラグライダー、フライフィッシング、ゴルフ、テニスなど

zoom RSS 肝臓にいいサプリ、ハーブ、健康食品は?

<<   作成日時 : 2010/06/04 22:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

イノシトール(抗脂肪肝ビタミンとも呼ばれるビタミンB群の1つ)
イノシトールを多く含む食品 柑橘類、豆類、小麦胚芽

(1)肝臓での余分な脂肪やコレステロールの蓄積を予防します。
脂肪やコレステロールの流れをスムーズにして、これらが肝臓や動脈に付着するのを予防します。
とくに肝臓に脂肪がたまりすぎないようにするため「抗脂肪肝ビタミン」と呼ばれています。
医療の現場でも脂肪肝・肝硬変等の予防・治療薬に使われています。

(2)リン資質(フォスファチジルイノソトール)の構成成分です。

(3)体内ではグルコースから合成されます。



グルタチオン (3つのアミノ酸が結合したトリペプチド)

グルタチオンを多く含む食品
ほうれんそう、ブロッコリー など

(1)肝臓での解毒作用を助ける作用があります。
(2)活性酸素の働きを妨げ過酸化脂質の発生を防止します。(抗酸化作用)
(3)抗ガン剤の副作用を防止します。

ヴァーム(17種のアミノ酸)
ヴァームを多く含む食品
スズメバチの栄養ドリンク

スズメバチは、1日100km以上も飛び回わると言われます。この驚異のスタミナはスズメバチの幼虫が出す透明な分泌液、17種類のアミノ酸が特別なバランスで配合されたヴァームによるものです。
このヴァームはひとにもたいへん有効で、 体脂肪の代謝を助け、エネルギーを有効に活用することがわかっています。
(1)スタミナ持続効果があります。
  糖分の燃焼を抑制し、乳酸の生産を抑制するので筋肉疲労を抑えます。
(2)ダイエット効果が期待できます。
  体脂肪の代謝を助け、エネルギーを有効に活用するなど脂肪の燃焼を促進するのでダイエット効果があります。
(3)弱った肝機能を高める作用があります。


スレオニン
(脂肪肝を予防する必須アミノ酸)
スレオニンを多く含む食品
大豆、湯葉、しらす干し、ゼラチンなど
(1)脂肪肝を防ぐ作用があります。
(2)成長促進作用があります。


タウリン (含硫アミノ酸)
タウリンを多く含む食品
たこ、するめいか、さざえ、ほたて貝、はまぐり、鯖、鰯の血合い

(1)血圧低下補助作用があります。
  交感神経興奮を鎮め血圧を軽微に低下する作用があります。
(2)肝臓でコレステロール処理能力を増加する作用があります。
  脂肪酸のオレイン酸は肝臓にLDLが取り込まれるのを促進し血中のコレステロールを減らしますが、タウリンは肝機能を強化してコレステロールの処理能力を増加させます。
(3)肝臓での胆汁酸の分泌を促進します。
  肝臓での胆汁酸の分泌を促進するので肝細胞の再生を促し、細胞膜を安定化させます。
(4)コレステロールが原因の胆石症を防止します。
1000mg含有製剤
1カプセルあたり:タウリン1000mg



レシチン (リン脂質の一種:フォスファチジルコリン)
レシチンを多く含む食品
大豆、卵黄、精白米、ピーナッツ、酵母など

(1)脂肪の代謝に関与し、血液中の余分なコレステロールを減らします。
血管にこびりついたコレステロールを溶かす作用があります。
脂肪の代謝に深く関わっています。その特長は、油の分子をこまかくして水と混ざりやすくする乳化作用です。
血液中の余分なコレステロールや中性脂肪を減らすように働き、また、身体が脂肪を必要としているときは吸収を助ける調整役をして血液中の中性脂肪や総コレステロールを低下させます。
(2)肝臓に運んで排出を促進します。
レシチンは細胞膜を構成する成分の一つで、肝臓の細胞膜もレシチンによって保護されています。
また、肝細胞膜の傷みの回復を助け働きをよくしたり、細胞内の酵素の活性を維持するようにも働いてくれます。
(3)アセチルコリンを生成し脳細胞や神経細胞を活性化します。
レシチンは副交感神経の働きに欠かせない神経伝達物質のアセチルコリンの成分です。脳における記憶力などにも大きな影響を与えています。


シクロアリイン(加熱すると増える無味無臭の成分)
シクロアリインを多く含む食品
玉ねぎ

血中の中性脂肪、コレステロールの低下作用があります。
肝臓のミクロソーム転送タンパク酵素(MTP)の作用を防止して、血中の中性脂肪、コレステロールを下げます。動脈硬化の予防に有効です。


アントシアニン
アントシアニンを多く含む食品
ブルーベリーの皮、ブルーベリージャム、ぶどう
ビルベリーは、ブルーベリーの一種で、有効成分のアントシアニン色素がブルーベリーの4?5倍多く含まれています。
(1)血圧を上昇する酵素の働きを阻害して高血圧を予防します。
(2)血小板の凝集抑制作用があります。
(3)毛細血管を保護し、脆弱化を防止します。
(4)視力を向上させ、眼精疲労を改善します。
(5)肝臓機能を強化します。


ゴマナクリン(セサミン)
→詳細ページを開く

関連記事1:血圧低下作用のあるサプリメントとメディカルハーブは?
関連記事2:糖尿病の予防にいい食品は?
関連記事3:生活習慣病予防指導士メモ
関連記事4:本当にコレステロールを下げる食事とは?
関連記事5:抗ガン作用、抗免疫作用のあるサプリやハーブは?トップページ

→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ

→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ







米サラダ油コレステロールを下げる作用もあります。保健機能食品。
有限会社戸塚正商店

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 米サラダ油コレステロールを下げる作用もあります。保健機能食品。 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
肝臓にいいサプリ、ハーブ、健康食品は? EBMで裏付けされた健康メディカル情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる